いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 3話

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 3話

渡辺麻友がAKB48卒業後、初の連ドラ主演。

オトナの土ドラ「いつかこの雨がやむ日まで」8月18日(土)は、3話目の放送となります。

物語は、愛と罪と狂気を描くラブサスペンス

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 3話は、下記の内容となります。

警察が舞子(紺野まひる)の不審死の件で國彦(桐山漣)を追っていることを知り、稽古に集中できないひかり(渡辺麻友)。

一方、状況を知った和也(堀井新太)はひかりを案じる。

そんな和也に、父の純一(橋爪淳)は「森村家とは関わるな」と冷たく言うが・・・

そんなある日、沙耶(筧美和子)が密かにひかりの家を訪ねてくる。

由布子(斉藤由貴)からひかりと和也の過去の関わりを聞き出す沙耶。

そこでひかりが殺人犯・森村國彦の妹だと知ってしまい・・・

以上が、いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 3話の紹介でした。

「いつかこの雨がやむ日まで」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

渡辺麻友さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"いつかこの雨がやむ日まで あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: