ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 6話

ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 6話

加藤シゲアキが福本伸行原作の連続ドラマで主演!

「ゼロ 一獲千金ゲーム」8月19日(日)は、6話目の放送となります。

物語は、真の友情を紡ぐストーリー!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 6話の紹介です。

標(佐藤龍我)がゼロ(加藤シゲアキ)に、自分と組んで在全(梅沢富美男)を倒し、資産を奪おうと持ち掛ける。

一方、ゼロはヒロシ(岡山天音)、ユウキ(小関裕太)の3人でゲーム「ザ・アンカー」に挑むことに。

それは、進行役の小太郎(手越祐也)が出すクイズに、拘束された状態で順番に解答するもの。

正解だと頭上にある鉄のいかり‘アンカー’が上がり、不正解だと下がってくる。

程なく、ゼロはアンカーの動きに不審を抱く。

以上が、ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 6話の紹介でした。

「ゼロ 一獲千金ゲーム」の放送は、日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30~23:25 です。

加藤シゲアキさん ファンの方は、お見逃しなく!!

"ゼロ一獲千金ゲーム あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: