高嶺の花 あらすじ 7話

高嶺の花 あらすじ 7話

2018年 夏の連続ドラマ 水曜日のオススメは、石原さとみさん 主演「高嶺の花」です。

7話目の放送は、8月22日(水)です。

物語は、“運命の恋”を描く純愛エンターテインメント

最新のあらすじが、公開されました。

高嶺の花 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

直人(峯田和伸)を裏切ったもも(石原さとみ)は、復縁を望む吉池(三浦貴大)も突き放す。

その一方で、ももは直人が別れ際に見せた表情が気になっていた。

その頃、高井(升毅)は直人ら一同にももの行動を謝罪。

佳代子(笛木優子)らは怒るが、直人はもものためになるなら問題ないと言い切る。

そんな中、京都神宮流の次期家元・兵馬(大貫勇輔)と会ったももは、龍一(千葉雄大)と兵馬の関係を聞いて、なな(芳根京子)のことが心配になる。

以上が、高嶺の花 あらすじ 7話 の紹介でした。

「高嶺の花」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

石原さとみさん ファンの方は、お見逃しなく!!

"高嶺の花 あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: