ハゲタカ あらすじ 6話

ハゲタカ あらすじ 6話

綾野剛が企業買収のダークヒーローに!

「ハゲタカ」8月23日(木)は、6話目の放送となります。

物語は、累計230万部超の人気小説を連続ドラマ化

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハゲタカ あらすじ 6話は、下記の内容となります。

滝本(高嶋政伸)は、鷲津(綾野剛)ら「サムライファンド」が「あけぼの」から手を引くよう画策。

さらに、滝本はマスコミを動かし、鷲津への攻撃を始める。

一方、外資系ホテルチェーン傘下に入ることになった貴子(沢尻エリカ)は、厳しい条件を突き付けられる。

鷲津はマスコミに、滝本の背後に米国の軍需産業ファンド「プラザ・グループ」がいることを暴露。

数日後、そのプラザがあけぼのへの株式公開買い付けを発表する。

以上が、ハゲタカ あらすじ 6話の紹介でした。

「ハゲタカ」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

綾野剛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"ハゲタカ あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: