ラストチャンス再生請負人 あらすじ 最終回

ラストチャンス再生請負人 あらすじ 最終回

仲村トオル主演! ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」

9月3日(月)は、最終回の放送となります。

物語は、元銀行マンが企業の再建に挑むビジネスヒューマンドラマ

最新のあらすじが、公開されました。

ラストチャンス再生請負人 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

「デリシャス・フード」は含み損100億円以上で「倒産の危機」とスクープされ、株価が大きく下落する。

窮地に陥った樫村(仲村トオル)は、十和子(水野美紀)が社長を務める外食企業に筆頭株主・山本(大谷亮平)が持つ株を売ろうと急ぐ。

ところが、その山本と連絡が取れなくなる。山本は商事会社常務・小沢(竜雷太)とひそかに交渉を進めていた。

その後、商事会社はデリシャス・フードへの資本提供を取りやめると言い出す。

以上が、ラストチャンス再生請負人 あらすじ 最終回の紹介でした。

ドラマBiz「ラストチャンス 再生請負人」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

仲村トオルさん ファンの方は、お見逃しなく!!

"ラストチャンス再生請負人 あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: