遺留捜査 あらすじ 8話

遺留捜査 あらすじ 8話

2018年 夏の連続ドラマ 木曜日のオススメは、上川隆也さん 主演「遺留捜査」です。

物語は、風変わりな刑事・糸村聡の活躍を描く、人気ドラマの第5弾

9月6日(木)は、8話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

遺留捜査 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

糸村(上川隆也)は拾った銀紙をきっかけに玄関が開いた空き家に入り、他殺体を見つける。

無断でそこに住んでいた被害者の指紋が、30年前の未解決強盗殺人事件の犯人が現場に残した指紋と一致する。

糸村らは、30年前の事件で両親を殺された雄司(玉置玲央)に話を聞きに行く。

一方で、糸村は現場にあった古い空き缶が作られた工場を捜し出し、被害者がかつて工場でアルバイトしていた久世(入江崇史)だと突き止める。

以上が、遺留捜査 あらすじ 8話の紹介でした。

「遺留捜査」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

上川隆也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"遺留捜査 あらすじ 8話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: