絶対零度 あらすじ 最終回

絶対零度 あらすじ 最終回

沢村一樹が「絶対零度」シリーズの新たな主人公に。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」9月10日(月)は、最終回の放送となります。

物語は、未然犯罪捜査チームの活躍を描く!!

最新のあらすじが公開されました。

絶対零度 あらすじ 最終回

失踪中にベトナムで死亡が確認された桜木(上戸彩)が、生きていることが判明。

死を装って偽造パスポートで入国し、違法に銃を入手した桜木を、システムが危険人物に特定する。

桜木の行方を追う井沢(沢村一樹)と山内(横山裕)はベトナムに飛び、彼女の事件を捜査した元刑事のグエン(フォンチー)に話を聞く。

グエンの話では、桜木は1年前に現地で証券会社支社長とその娘の殺害を計画していた谷口(斉藤佑介)の犯行を阻止。

谷口を射殺した桜木の相棒は、井沢の妻の元部下・赤川(須田邦裕)だった。

以上が、絶対零度 あらすじ 最終回の紹介でした。

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の放送は、フジテレビ系にて 毎週月曜 21:00~21:54 です。

沢村一樹さんファンの方は、お見逃しなく!!

"絶対零度 あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: