義母と娘のブルース あらすじ 9話

義母と娘のブルース あらすじ 9話

2018年 夏の連続ドラマ 火曜日のオススメは、綾瀬はるかさん 主演「義母と娘のブルース」です。

物語は、桜沢鈴の4コマ漫画を森下佳子の脚本でドラマ化

9月11日(火)は、9話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

義母と娘のブルース あらすじ 9話は、下記の内容となります。

亜希子(綾瀬はるか)は「ベーカリー麦田」の新装オープンを、区役所広場で行われる子ども向け人気番組のイベントと同日に合わせる。

作戦は見事的中し、店は上々のスタートを切る。

そんな中、みゆき(上白石萌歌)は麦田(佐藤健)が亜希子にひかれていることに気付き、戸惑いながらもそれを受け止める。

だが、大樹(井之脇海)はそんなみゆきの様子が少し心配だ。

一方の麦田は、亜希子に思いを気付いてもらえず、頭を抱える。

以上が、義母と娘のブルース あらすじ 9話の紹介でした。

「義母と娘のブルース」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

綾瀬はるかさん ファンの方は、お見逃しなく!!

"義母と娘のブルース あらすじ 9話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: