下町ロケット あらすじ 1話

下町ロケット あらすじ 1話

阿部寛さん 主演の感動巨編!

日曜劇場「下町ロケット」10月14日(日)いよいよ放送スタートです。

物語は、宇宙から大地へ、佃製作所の新たな挑戦の幕が上がる!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

下町ロケット あらすじ 1話は、下記の内容となります。

佃製作所の社長・佃(阿部寛)は帝国重工と協力し、純国産ロケット開発計画に携わっている。

ある日、佃は帝国重工宇宙航空開発部部長・財前(吉川晃司)から、次回の計画で帝国重工がロケット事業から撤退する可能性があると知らされる。

さらに、社長が交代した大口取引先の農機具メーカーから取引削減も迫られ、先行きに暗雲が。

そんな中、経理部長・殿村(立川談春)の父親・正弘(山本學)が倒れたという連絡が届く。

以上が、下町ロケット あらすじ 1話の紹介でした。

日曜劇場「下町ロケット」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

阿部寛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"下町ロケット あらすじ 1話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: