下町ロケット あらすじ 3話

下町ロケット あらすじ 3話

阿部寛さん 主演の感動巨編!

日曜劇場「下町ロケット」10月28日(日)は、3話目の放送となります。

物語は、宇宙から大地へ、佃製作所の新たな挑戦の幕が上がる!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

下町ロケット あらすじ 3話は、下記の内容となります。

佃(阿部寛)達は、伊丹(尾上菊之助)や島津(イモトアヤコ)らの会社「ギアゴースト」の買収計画を進め、手続き完了を約1カ月後に控えていた。

そんな折、内密に進めていたはずの買収計画が、帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝)の耳に入ってしまう。

そして佃製作所は帝国重工のリスク管理部門の信用調査を受けることに。

佃から話を聞いた伊丹は、かつて自分が目の当たりにした的場の厳しい姿勢について明かす。

以上が、下町ロケット あらすじ 3話の紹介でした。

日曜劇場「下町ロケット」の放送は、TBS系にて 毎週日曜 21:00~21:54 です。

阿部寛さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"下町ロケット あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: