駐在刑事 あらすじ 3話

駐在刑事 あらすじ 3話

人気シリーズ待望の連ドラ化!

金曜8時のドラマ「駐在刑事」11月2日(金)は、3話目の放送となります。

物語は、奥多摩の自然を舞台に“駐在さん”が事件の謎を解く。

今回は、最新のあらすじの紹介です。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

駐在刑事 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

奥多摩出身の女優・沙代(中島亜梨沙)のトークショーが開かれることになった。

同級生で山岳ガイドの遼子(笛木優子)や、高校の演劇部で指導した元教師・山上(岩松了)、江波(寺島進)らが出迎える。

そこへ、沙代の元夫・早川(高杉瑞穂)がやって来て、彼女のマネジャー・有馬(笠原秀幸)を突き飛ばし、事務所社長・宮崎(阪田マサノブ)ともみ合いに。

イベントは中止になる。

翌朝、奥多摩の空き家で早川の遺体が発見される。

以上が、駐在刑事 あらすじ 3話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「駐在刑事」の放送は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

寺島進さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"駐在刑事 あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: