僕らは奇跡でできている あらすじ 6話

僕らは奇跡でできている あらすじ 6話

2018年 秋の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火9ドラマ 「僕らは奇跡でできている」です。

物語は、高橋一生さん 演じる変わり者の大学講師の日常を描くハートフルドラマ

11月13日(火)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

僕らは奇跡でできている あらすじ 6話は、下記の内容となります。

一輝(高橋一生)と育実(榮倉奈々)の関係を進展させたい山田(戸田恵子)は、次の金曜日に相河家で食事会をするから、鮫島(小林薫)ら大学の先生と、育実や歯科衛生士達も誘うようにと一輝に告げる。

だが、育実だけは料理教室があると参加をためらい、一輝はあかり(トリンドル玲奈)からその日が育実の誕生日だと聞く。

そして当日。

実は鳥飼からの連絡を期待していた育実も参加し、一輝は珍しく冗談を言って彼らとの会話を楽しむ。

以上が、僕らは奇跡でできている あらすじ 6話の紹介でした。

「僕らは奇跡でできている」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

高橋一生さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"僕らは奇跡でできている あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: