中学聖日記 あらすじ 6話

中学聖日記 あらすじ 6話

2018年 秋の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火曜ドラマ 「中学聖日記」です。

11月13日(火)は、6話目の放送となります。

物語は、有村架純演じる女性教師と男子中学生の“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

中学聖日記 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

3年後。

子星中学校で聖(有村架純)が担当した生徒達は高校3年生になり、るな(小野莉奈)らは同窓会を企画。

そして、誰もその近況を知らない晶(岡田健史)にも声を掛ける。

一方、聖は千鶴(友近)の紹介により、小学校で働いていた。

ある日、聖は児童・彩乃(石田凛音)の母親・美和(村川絵梨)が‘禁断の恋’に落ちて離婚したと聞き、不安に襲われる。

そんな折、同僚教師・野上(渡辺大)と買い物に出た聖は、晶を目撃する。

以上が、中学聖日記 あらすじ 6話の紹介でした。

「中学聖日記」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

有村架純さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"中学聖日記 あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: