僕らは奇跡でできている あらすじ 7話

僕らは奇跡でできている あらすじ 7話

2018年 秋の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火9ドラマ 「僕らは奇跡でできている」です。

物語は、高橋一生さん 演じる変わり者の大学講師の日常を描くハートフルドラマ

11月20日(火)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

僕らは奇跡でできている あらすじ 7話は、下記の内容となります。

学生に一輝(高橋一生)のゼミを要望され喜ぶ鮫島(小林薫)だが、樫野木(要潤)は複雑な心境。

一方、勉強をさぼって涼子(松本若菜)に画帳と色鉛筆を取り上げられた虹一(川口和空)は、腹痛を訴えて学校を休んだ揚げ句、黙って家を抜け出して大学に行き、一輝に家にいたくないと訴える。

虹一を自宅に招いた一輝は、育実(榮倉奈々)に伴われ迎えに来た涼子が虹一を否定する様子を見て、彼にはすごい所が100個あると口にする。

以上が、僕らは奇跡でできている あらすじ 7話の紹介でした。

「僕らは奇跡でできている」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

高橋一生さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"僕らは奇跡でできている あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: