中学聖日記 あらすじ 9話

中学聖日記 あらすじ 9話

2018年 秋の連続ドラマ 火曜日のおススメは、火曜ドラマ 「中学聖日記」です。

12月4日(火)は、9話目の放送となります。

物語は、有村架純演じる女性教師と男子中学生の“禁断の恋”を描くヒューマンラブストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

中学聖日記 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

聖(有村架純)は、誰にも行方を告げずフェリーに乗り込んだ晶(岡田健史)を見掛け、思わず飛び乗る。

幼い頃に生き別れた父に会いに行くという晶。

放っておけない聖は同行し、「家具を作っている」という情報を頼りに父・康介(岸谷五朗)を捜し当てる。

見届けて帰ろうとする聖だが、1日1便のフェリーはもう出航していた。

その頃、愛子(夏川結衣)は晶を捜していて・・・。

以上が、中学聖日記 あらすじ 9話の紹介でした。

「中学聖日記」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

有村架純さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"中学聖日記 あらすじ 9話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: