ハケン占い師アタル あらすじ 3話

ハケン占い師アタル あらすじ 3話

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、杉咲花さん 主演
木曜ドラマ「ハケン占い師アタル」です。

物語は、杉咲花が人気脚本家・遊川和彦とタッグを組んでおくる本格コメディードラマ。

1月31日(木)は、3話目の放送となります。

今回はドラマのあらすじを紹介します。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ハケン占い師アタル あらすじ 3話は、下記の内容とないます。

化粧品会社の新商品サンプルを配布する提案書を、上野(小澤征悦)の指示で品川(志尊淳)が作ることになる。

終業後、品川は上野から居酒屋に連れ出され、一緒に来たアタル(杉咲花)の前で、いつものように「覇気がない」などと叱られる。

翌日、上野は品川が書いた提案書を厳しく批判。

品川は辞職すると言い出し、代々木(及川光博)に上野からのパワーハラスメントを訴える。

以上が、ハケン占い師アタル あらすじ 3話の紹介でした。

「ハケン占い師アタル」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 21:00~21:54 です。

杉咲花さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"ハケン占い師アタル あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: