メゾン・ド・ポリス あらすじ 5話

メゾン・ド・ポリス あらすじ 5話

高畑充希が初の刑事役に挑む!

「メゾン・ド・ポリス」2月8日(金)は、5話目の放送となります。

物語は、元警察官の“おじさま”たちと事件を解決!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

メゾン・ド・ポリス あらすじ 5話は、下記の内容となります。

ひより(高畑充希)と伊達(近藤正臣)が遭遇した認知症患者・春子(島かおり)が「人を殺した」と証言。

話を聞いていると、春子と同居している町工場の社長・丸山(大谷亮介)らが迎えに来る。

男性を階段から落としたという春子の話を聞いても、動揺を見せない丸山達。

ひよりが調べると、2週間前に転落死亡事故があり、被害男性の取引相手の一つが丸山の町工場で・・・。

以上が、メゾン・ド・ポリス あらすじ 5話の紹介でした。

「メゾン・ド・ポリス」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

高畑充希さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"メゾン・ド・ポリス あらすじ 5話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: