スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 6話

スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 6話

2019年 冬の連続ドラマ 木曜日のおススメは、竹内結子さん 主演 「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」です。

物語は、6年ぶりの地上波連続ドラマ主演となる竹内結子さんに注目です。

2月14日(木)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 6話は、下記の内容となります。

氷見(竹内結子)らは、依頼人のベストセラー作家・千代子(真野響子)を訪問。

千代子は元秘書・奈々子らへのパワーハラスメント疑惑で騒がれていた。

残った若手秘書の礼二は千代子のお気に入りで、作家の才能もあるという。

氷見らは、礼二にテレビ取材を受けさせ、千代子と礼二のイメージアップに成功。

だが、礼二が出版社と組み、千代子をだましていたと分かる。

以上が、スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 6話の紹介でした。

「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

竹内結子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"スキャンダル専門弁護士QUEEN あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: