記憶捜査 あらすじ 最終回

記憶捜査 あらすじ 最終回

新宿東署刑事課司法係を舞台にした北大路欣也さん主演の刑事ドラマ。

金曜8時のドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」

3月1日(金)は、最終回の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

記憶捜査 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

盗難品の懐中時計に鬼塚(北大路欣也)の血液指紋が付いていた。

また、司法係の鬼塚の前任者で、突然辞職した青木(石井正則)の遺体が東京・新宿駅西口で発見される。

鬼塚は、時計の持ち主が通り魔事件の被害者・千夏(森矢カンナ)だと思い出す。

鬼塚は千夏の父・勇(大友康平)から、彼女が失踪したと聞く。

そして失踪後、青木が千夏を訪ねて来たことが判明し・・・。

以上が、記憶捜査 あらすじ 最終回の紹介でした。

金曜8時のドラマ「記憶捜査~新宿東署事件ファイル~」の放送は、
テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

北大路欣也さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"記憶捜査 あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: