よつば銀行 原島浩美がモノ申す! あらすじ 7話

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! あらすじ 7話

真木よう子演じる熱血銀行員が業績不振を救う本格ビジネスドラマ

ドラマBiz「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」

3月4日(月)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

よつば銀行 原島浩美がモノ申す! あらすじ 7話は、下記の内容となります。

銀行では島津(柳葉敏郎)を次期頭取に推す声が高まっていた。

噂を耳にした鳩山(古谷一行)は最後の仕事として、債務が膨らんだ企業を整理しようとする。

その指揮を島津に任せるというが、裏には鳩山の策略があった。

同プロジェクトの担当に指名された浩美(真木よう子)は、加東(丸山隆平)とターゲットの不動産会社へ。

だが、社長の桜庭(榎木孝明)は納得がいかないと激怒する。

以上が、よつば銀行 原島浩美がモノ申す! あらすじ 7話の紹介でした。

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

真木よう子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"よつば銀行 原島浩美がモノ申す! あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: