初めて恋をした日に読む話 あらすじ 9話

初めて恋をした日に読む話 あらすじ 9話

2019年 冬の連続ドラマ 火曜日のおススメは、深田恭子さん 主演 火曜ドラマ 「初めて恋をした日に読む話」です。

3月12日(火)は、9話目の放送となります。

物語は、残念なしくじり鈍感女子のラブコメディー。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

初めて恋をした日に読む話 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

菖次郎(鶴見辰吾)とのわだかまりも解け、受験に向け気持ちを立て直した匡平(横浜流星)。

順子(深田恭子)は匡平らに自室を提供し、全力で指導に当たる。

そんな中、ロシア転勤が決まった雅志(永山絢斗)が順子を訪問。

匡平らの帰宅後、順子と向き合うが、全てを伝え終わらないうちに正(石丸謙二郎)に邪魔をされてしまう。

一方、匡平はセンター試験を前に順子を初詣に誘う。

以上が、初めて恋をした日に読む話 あらすじ 9話の紹介でした。

「初めて恋をした日に読む話」の放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~23:07 です。

深田恭子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"初めて恋をした日に読む話 あらすじ 9話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: