イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 9話

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 9話

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演!

「イノセンス 冤罪弁護士」3月16日(土)は、9話目の放送となります。

物語は、 “科学”を武器に逆転劇に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 9話は、下記の内容となります。

拓(坂口健太郎)は幼なじみの浅間(鈴之助)が有罪となり自殺した11年前の事件と、美術大学生の京香(山崎あみ)が刺殺された事件に共通点があると知る。

京香のストーカーで、殺人を否認している容疑者・富士田(坂本真)の弁護を買って出た拓は、11年前の事件との関わりを調べ始める。

そんな中、楓(川口春奈)は拓の母・麗(榊原郁恵)から、拓の浅間への思いを聞く。

以上が、イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 9話の紹介でした。

「イノセンス 冤罪弁護士」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

坂口健太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 9話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: