イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 最終回

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 最終回

坂口健太郎が冤罪被害に立ち向かう弁護士役で主演!

「イノセンス 冤罪弁護士」3月23日(土)は、最終回の放送となります。

物語は、 “科学”を武器に逆転劇に挑む!!

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

拓(坂口健太郎)をかばって刺された楓(川口春奈)は、とっさに犯人の顔を引っかく。

一方、聡子(市川実日子)は秋保(藤木直人)に、3人の被害者を生んだ一連の事件の新情報を報告。

そんな中、楓を刺した神津(武田真治)が自首する。

接見に現れた拓に、神津は3人を殺害したのは自分だとささやき、証拠はないと言い放つ。

拓らは証拠捜しに奔走するが、検察側から圧力がかかる。

以上が、イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 最終回の紹介でした。

「イノセンス 冤罪弁護士」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

坂口健太郎さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"イノセンス 冤罪弁護士 あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: