集団左遷!! あらすじ 7話

集団左遷!! あらすじ 7話

福山雅治さん 主演 日曜劇場 「集団左遷!!」

6月2日(日)は、7話目の放送となります。

物語は、左遷された銀行員たちが大逆転に挑む下克上エンターテインメント。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

集団左遷!! あらすじ 7話は、下記の内容となります。

大手百貨店CEOが背任容疑で逮捕された。

同社は創業者・雄一郎(本田博太郎)と対立の末、息子・太郎(筒井道隆)が社長に就任したが、外資と合併し太郎は副社長に。

三友銀行も3千億円超の融資をしており、融資部の片岡(福山雅治)は情勢を見守る。

一方、横山(三上博史)は雄一郎とある計画を進行。

同じ頃、日本橋支店副支店長・真山(香川照之)に不審なメールが・・・。

以上が、集団左遷!! あらすじ 7話の紹介でした。

「集団左遷!!」の放送は、フジテレビ系にて 毎週火曜 21:00~21:54 です。

福山雅治さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"集団左遷!! あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: