インハンド あらすじ 9話

インハンド あらすじ 9話

2019年 春の連続ドラマ 金曜日のおススメは、山下智久さん 主演 金曜ドラマ「インハンド」です。

6月7日(金)は、9話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

インハンド あらすじ 9話は、下記の内容となります。

高家(濱田岳)は訪ねてきた母・良子から、故郷の村唯一の病院の院長・陽子が、高家が解雇された病院に入院中だと聞く。

担当医の院長・黒野(正名僕蔵)はろくに治療もせず、対症療法を続けていた。

高家は紐倉(山下智久)と共に、黒野の思惑を探る。

一方、網野(光石研)や牧野(菜々緒)らは、紐倉の元上司・福山(時任三郎)が設立を目指す感染症対策施設の調査を始める。

以上が、インハンド あらすじ 9話の紹介でした。

金曜ドラマ「インハンド」の放送は、TBS系にて 毎週金曜 22:00~22:54 です。

山下智久さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"インハンド あらすじ 9話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: