警視庁ゼロ係 あらすじ 2話

警視庁ゼロ係 あらすじ 2話

小泉孝太郎と松下由樹の“KY刑事&ベテラン刑事”迷コンビシリーズ第4弾

金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4 」

7月26日(金)は、2話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

警視庁ゼロ係 あらすじ 2話は、下記の内容となります。

ゼロ係の桜庭(木下隆行)が痴漢容疑で捕まった。

犯行を否定する桜庭のため、冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)は痴漢冤罪を解決した実績のある弁護士・綾子(雛形あきこ)に弁護を頼むべく、裁判を傍聴する。

その法廷で被告の化学会社営業本部長・青木(加藤満)が検察官の尋問中に持病の発作を起こした。

綾子が許可を取って休廷し、薬を飲んだ青木だったが、直後に死亡してしまう。

死因が毒物によると判明する中、綾子は桜庭の弁護を引き受け、嫌疑を晴らすため動き出す。

一方、冬彦らは青木の事件を調べ始める。

以上が、警視庁ゼロ係 あらすじ 2話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4 」
放送は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

小泉孝太郎さん、松下由樹さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"警視庁ゼロ係 あらすじ 2話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: