ルパンの娘 あらすじ 7話

ルパンの娘 あらすじ 7話

2019年 夏の連続ドラマ 木曜日のおススメは、深田恭子&瀬戸康史 主演 「ルパンの娘」です。

物語は、泥棒一家と警察一家のラブコメディー

8月22日(木)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ルパンの娘 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

華(深田恭子)が‘Lの一族’と知った和馬(瀬戸康史)は、苦悩の末、華に本音をぶつける。

一方、尊(渡部篤郎)は和馬を泥棒にしようと思案する。

後日、華ら三雲家と和馬ら桜庭家は温泉旅館へ。

悦子(小沢真珠)と美佐子(マルシア)の間に流れる不穏な空気に焦る華は、旅館の若女将・樹里(真魚)が何か問題を抱えていると知る。

そんな中、旅館でLの一族による盗難事件が起きる。

以上が、ルパンの娘 あらすじ 7話の紹介でした。

「ルパンの娘」の放送は、フジテレビ系にて 毎週木曜 22:00~22:54 です。

深田恭子さん&瀬戸康史さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"ルパンの娘 あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: