警視庁ゼロ係 あらすじ 6話

警視庁ゼロ係 あらすじ 6話

小泉孝太郎と松下由樹の“KY刑事&ベテラン刑事”迷コンビシリーズ第4弾

金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4 」

8月23日(金)は、6話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

警視庁ゼロ係 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

ゼロ係に「住宅街で遊んでいる子どもがうるさい」と苦情の電話が入る。

だが、冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)が現場へ行っても誰もいなかった。

その頃、ゼロ係に田崎(大和田伸也)という男が現れて、横山(片岡鶴太郎)と靖子(安達祐実)を人質に立てこもり、署内に爆弾を仕掛ける。

田崎は自殺した孫の死の真相を知りたいとネット中継で語るが、衝撃的な情報が次々と寄せられる。

以上が、警視庁ゼロ係 あらすじ 6話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4 」
放送は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

小泉孝太郎さん、松下由樹さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"警視庁ゼロ係 あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: