ボイス 110緊急指令室 あらすじ 7話

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 7話

2019年 夏の連続ドラマ 土曜日のおススメは、唐沢寿明&真木よう子が初共演!
土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」です。

8月31日(土)は、7話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

ボイス 110緊急指令室 あらすじ 7話は、下記の内容となります。

“カチカチと顎を鳴らす男”(手塚とおる)を追っていた沖原(木村祐一)の変わり果てた姿を発見したひかり(真木よう子)。

病院で大樹(鳥越壮真)を襲った男・長坂(敬太)を確保した樋口(唐沢寿明)は、沖原の訃報を聞き凍りつく。

そんな中、樋口とひかりは、一連の事件の残忍な手口から真犯人は他にいると気づき始めていた・・・。

その頃、本郷グループの社長にして真犯人の本郷雫(伊勢谷友介)は、暴力と恐怖で支配した義理の兄に濡れ衣を着せ、悠々と日常生活を送っていた。

樋口とひかりは未希(菊池桃子)が殺された時の犯人の「調子に乗るからだ」という言葉から、事件が通り魔的犯行ではなかったと考え捜査を進める。

そして、ソーシャルワーカーとして当時自立支援センターで働いていた未希と真犯人を繋ぐ意外な接点にたどりつく!!

そして、ECUに“人質を道連れに屋上から飛び降りようとしている男・高木“から通報が入る。

派遣の土木作業員である高木は、自分を取り囲む会社の男たちに「殺される‼」と騒ぎ、しきりに助けを求める。

樋口と石川(増田貴久)が現場に到着。会社の人間が説得しようと高木に近づくが、その様子に現場の樋口と緊急指令室のひかりは違和感を感じ・・・。

以上が、ボイス 110緊急指令室 あらすじ 7話の紹介でした。

土曜ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の放送は、日本テレビ系にて 毎週土曜 22:00~22:54 です。

唐沢寿明さんファンの方は、お見逃しなく!!

"ボイス 110緊急指令室 あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: