べしゃり暮らし あらすじ 5話

べしゃり暮らし あらすじ 5話

間宮祥太朗さん 主演 土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」

8月24日(土)は、5話目の放送となります。

原作は、「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる森田まさのりさんの最新作。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

べしゃり暮らし あらすじ 5話は、下記の内容となります。

NMCの準々決勝を見て、圭右(間宮祥太朗)は金本(駿河太郎)と藤川(尾上寛之)の「デジタルきんぎょ」のすごさを改めて実感。

一方、辻本(渡辺大知)は藤川から、圭右に変な関西弁をやめるよう遠慮せずに忠告すべきだと助言される。

後日、構成作家の下柳(波岡一喜)と話した辻本は、藤川の言葉の背景を知ることに。

そんな中、圭右は藤川の妻・尚美、息子・球児と出会う。

以上が、べしゃり暮らし あらすじ 5話の紹介でした。

べしゃり暮らしの放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

間宮祥太朗さん ファンの方は、お楽しみに!!

"べしゃり暮らし あらすじ 5話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: