べしゃり暮らし あらすじ 6話

べしゃり暮らし あらすじ 6話

間宮祥太朗さん 主演 土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」

8月31日(土)は、6話目の放送となります。

原作は、「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる森田まさのりさんの最新作。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

べしゃり暮らし あらすじ 6話は、下記の内容となります。

「デジタルきんぎょ」が苦節15年目でNMCの決勝に残った翌日。

関西弁のことでつかみ合いのけんかをする圭右(間宮祥太朗)と辻本(渡辺大知)に、子安(矢本悠馬)から藤川(尾上寛之)に関する思いがけない情報が入る。

病院に駆け付けると、遅れて現れた金本(駿河太郎)が捨てぜりふを吐いて出ていった。

後を追った圭右は怒りを爆発させるが、金本はそんな圭右を連れて・・・。

以上が、べしゃり暮らし あらすじ 6話の紹介でした。

べしゃり暮らしの放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

間宮祥太朗さん ファンの方は、お楽しみに!!

"べしゃり暮らし あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: