リーガル・ハート あらすじ 最終回

リーガル・ハート あらすじ 最終回

反町隆史さん主演。中小企業を救う実在の弁護士がモデルの熱きヒューマンドラマ

ドラマBiz「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」9月2日(月)は、最終回の放送となります。

物語は、どんな結末を迎えるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

リーガル・ハート あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

高等裁判所のまさかの決定で、早川(仙道敦子)が社長を務める介護施設は破産。

村越(反町隆史)ら弁護団はあぜんとするが、裏には介護施設の創業家の思惑だけでなく、相手弁護士・宇治川(升毅)の村越に対する私怨があった。

創業家の身勝手さを目の当たりにした早川は会社を守る覚悟を決める。

そんな中、村越の元に2億円の損害賠償を求める前代未聞の訴状が届く。

以上が、リーガル・ハート あらすじ 最終回の紹介でした。

「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

反町隆史さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"リーガル・ハート あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: