刑事7人 あらすじ 8話

刑事7人 あらすじ 8話

2019年7月開始の夏ドラマ 水曜日のおすすめは「刑事7人」です。

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派ぞろいの“最強の7人”が超凶悪犯罪に挑む!

9月4日(水)は、8話目の放送となります。

物語は、どんな展開となるのか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

刑事7人 あらすじ 8話は、下記の内容となります。

半裸の遺体が元警察官・一戸(金井勇太)と判明。

天樹(東山紀之)らと捜査を始めた拓海(白洲迅)は、現場にいた充子(赤座美代子)に話を聞くが、充子は認知症らしく、遺体は工藤という警察官だと言う。

一戸は区職員・津島(山崎画大)にボランティアを申し出る一方、自分がかつて補導した元宮(佐野弘樹)とも行動していた。

拓海は一戸が工藤と名乗っていたと気付く。

刑事7人 あらすじ 8話の紹介でした。

刑事7人の放送は、テレビ朝日系にて 毎週水曜 21:00~21:54 です。

東山紀之さん ファンの方は、どうぞ、お見逃しなく!!

"刑事7人 あらすじ 8話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: