べしゃり暮らし あらすじ 最終回

べしゃり暮らし あらすじ 最終回

間宮祥太朗さん 主演 土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」

9月14日(土)は、最終回の放送となります。

原作は、「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」などで知られる森田まさのりさんの最新作。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

べしゃり暮らし あらすじ 最終回は、下記の内容となります。

「漫才新人グランプリ」を目前に、圭右(間宮祥太朗)は講師の本爆(山口祥行)からアドリブで暴走するなとくぎを刺される。

「るのあーる」の上原(早乙女友貴)が圭右と辻本(渡辺大知)の「べしゃり暮らし」を何としても潰そうと考える一方、静代(小芝風花)は辻本への思いを断ち切れずにいた。

迎えた1次予選。

舞台上の辻本は、直前にファンだと話し掛けてきた若い女性の挙動に気を取られ、圭右のアドリブに反応できない。

それでも何とか通過した後の2次予選では、圭右が想定外の策に出て、辻本はショックを受ける。

以上が、べしゃり暮らし あらすじ 最終回の紹介でした。

べしゃり暮らしの放送は、テレビ朝日系にて 毎週土曜 23:15~24:05 です。

間宮祥太朗さん ファンの方は、お楽しみに!!

"べしゃり暮らし あらすじ 最終回"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: