同期のサクラ あらすじ

同期のサクラ あらすじ

2019年 秋の連続ドラマ 水曜日のおススメは、水曜ドラマ「同期のサクラ」です。

主演は、高畑充希さん。

10月9日(水)放送スタートです。

物語は、 高畑充希が脚本家の遊川和彦とタッグを組むオリジナルドラマ。

今回は、あらすじの紹介です。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

同期のサクラ あらすじは、下記の内容となります。

2009年春。

ゼネコン最大手「花村建設」の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員・北野サクラ(高畑充希)の姿があった。

過疎の離島で育ち、「故郷の島と本土を結ぶ橋を架ける」という夢のために入社したサクラは、自身の夢を語ることをはばからず、周囲から浮いた存在になってしまう。

さらに、新入社員研修でどうしても譲れないと自分を貫いたことで、徐々に会社人としての歯車が狂いだす。

しかし、出会った時はサクラと関わりたくないと思った同期の面々だったが、絶対に夢を諦めないサクラに次第に触発されていく。

以上が、同期のサクラ あらすじの紹介です。

「同期のサクラ」の放送は、日本テレビ系にて 毎週水曜 22:00~23:00 です。

高畑充希さん ファンの方は、お楽しみください。

"同期のサクラ あらすじ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: