死役所 あらすじ 3話

死役所 あらすじ 3話

2019年 秋の深夜ドラマオススメは、ドラマホリック!「死役所」です。

物語は、あずみきしの大ベストセラー漫画を、「家政夫のミタゾノ」シリーズでの怪演も記憶に新しい松岡昌宏の主演で初映像化。

さて、ドラマは、原作を超えられるか・・・

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

死役所 あらすじ 3話は、下記の内容となります。

ミチル(黒島結菜)は、職員全員が死刑囚だと知った。

「人殺し」と、シ村(松岡昌宏)に言い放つ。

その瞬間のシ村の厳しいまなざしに、ミチルは言葉を失う。

そんな折、男が暴れ回る騒ぎが発生。

ハヤシ(清原翔)とミチルが駆け付けると、その男・眞澄(三浦貴大)が「店に戻してくれ」と叫んでいるではないか・・・

自分の死を知りがくぜんとする眞澄は、他殺課で殺されるまでの記憶をたどるのである。

その結末は・・・

以上が、死役所 あらすじ 3話の紹介でした。

ドラマホリック!「死役所」の放送は、テレビ東京系にて 毎週水曜 24:12~24:52 です。

松岡昌宏さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"死役所 あらすじ 3話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: