科捜研の女 あらすじ 19話

科捜研の女 あらすじ 19話

沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー

木曜ミステリー「科捜研の女」いよいよ第19シリーズへ!!

10月24日以来、お休みしていましたが、いよいよ復活しました。

11月7日(木)は、19話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 19話は、下記に内容となります。

焼き鳥店店員・深田(永沼伊久也)の他殺体を、交番巡査・平野(菅原大吉)が発見し、マリコ(沢口靖子)らが臨場する。

遺留品の折れたガラス製パイプから、血痕と大麻の成分、深田の唾液に加え、平野の指紋が検出された。

だが、平野はパイプに覚えはなく、深田とも面識がないと話す。

平野の幼なじみで親友の刑事部長・藤倉(金田明夫)は、捜査の指揮を自ら外れる。

以上が、科捜研の女 あらすじ 19話 の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"科捜研の女 あらすじ 19話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: