特命刑事 カクホの女2 あらすじ 4話

特命刑事 カクホの女2 あらすじ 4話

名取裕子と麻生祐未の凸凹コンビが難事件を解決する刑事ドラマの第2弾

金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」11月15日(金)は、4話目の放送となります。

物語は、痛快サスペンスエンターテインメント

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

特命刑事 カクホの女2 あらすじ 4話は、下記の内容となります。

百合子(名取裕子)と亜矢(麻生祐未)が歩いていると、目の前でスピード超過の車が電信柱に激突。

運転席にいた栗山(伊達直斗)は「ブレーキに・・・誰かが」と言い残して絶命する。

助手席に乗っていた香苗(遊井亮子)は一命を取り留めたが、意識不明の状態だ。

香苗の一人娘・結花(佐々木千惺)と、香苗の事実婚の相手・三井(阿部亮平)に会った百合子は、ある事実に気付く。

以上が、特命刑事 カクホの女2 あらすじ 4話の紹介でした。

金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2 」の放送は、テレビ東京系にて 毎週金曜 20:00~20:54 です。

名取裕子さんと麻生祐未さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"特命刑事 カクホの女2 あらすじ 4話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: