シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 5話

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 5話

清野菜名×横浜流星の“最凶バディ”誕生!

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」

2月9日(日)は、5話目の放送となります。

物語は、グレーな事件に隠された真相を華麗に暴く

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

神代(要潤)に秘密を知られた直輝(横浜流星)は取引を持ち掛ける。

そんな中、7年前の商業施設爆破事件で再審請求中の死刑囚・浜口(谷田部俊)が拉致され、彼がシロかクロかを問うミスパンダの動画が配信された。

神代は爆破事件周辺を取材し、顔見知りの刑事・三津谷(高橋努)らに遭遇。

レン(清野菜名)は囲碁喫茶に現れた門田(山崎樹範)から直輝について詰問される。

以上が、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 5話の紹介でした。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。の放送は、日本テレビ系にて 毎週日曜 22:30~23:25 です。

清野菜名さん、横浜流星さんファンの方は、お見逃しなく!!

"シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 あらすじ 5話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: