科捜研の女 あらすじ 31話

科捜研の女 あらすじ 31話

沢口靖子主演の20周年を迎える人気ミステリー

木曜ミステリー「科捜研の女」いよいよ第19シリーズへ!!

2月20日(木)は、31話目の放送となります。

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

科捜研の女 あらすじ 31話は、下記に内容となります。

河原で発見された遺体が、19年前に捜索願いが出された草木染の染色家・後藤(春田純一)と判明。

マリコ(沢口靖子)達は、現場に紫色の手拭いと「事件現場」と書かれた手描きの地図を残した古着ショップ店長・夏夫(赤楚衛二)にたどり着く。

小学生時代に誘拐された夏夫は、父親に信じてもらえず、事件に便乗すれば警察が調べてくれると考えて地図を置いたと話す。

以上が、科捜研の女 あらすじ 31話 の紹介でした。

「科捜研の女」の放送は、テレビ朝日系にて 毎週木曜 20:00~20:54 です。

沢口靖子さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"科捜研の女 あらすじ 31話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: