パパがも一度恋をした あらすじ 4話

パパがも一度恋をした あらすじ 4話

小澤征悦主演!

「パパがも一度恋をした」いよいよ2月22日(土)は、4話目の放送となります。

物語は、塚地武雅が本上まなみ演じる妻の生まれ変わりに扮するコメディー

最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックしてドラマをよりお楽しみください。

パパがも一度恋をした あらすじ 4話は、下記の内容となります。

おっさん多恵子(塚地武雅)を生き返った多恵子(本上まなみ)として受け入れた吾郎(小澤征悦)は、トモ(福本莉子)がまだ「ママ」と呼べずにいることがもどかしい。

ある日、タロスケ(麿赤兒)が親戚の女児・りの(粟野咲莉)を一時的に預かる。

りのはおっさん多恵子に対するトモの態度に疑問を抱く。

以上が、パパがも一度恋をした あらすじ 4話の紹介でした。

「パパがも一度恋をした」の放送は、フジテレビ系にて 毎週土曜 23:40~24:35 です。

小澤征悦さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"パパがも一度恋をした あらすじ 4話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: