恋はつづくよどこまでも あらすじ 7話

恋はつづくよどこまでも あらすじ 7話

上白石萌音と佐藤健が初共演!

「恋はつづくよどこまでも」2月25日(火)は、7話目の放送となります。

物語は、新米ナースが“ドSドクター”に恋するラブストーリー

最新のあらすじが、公開されました。

恋はつづくよどこまでも あらすじ 7話は、下記の内容となります。

七瀬(上白石萌音)は帰宅中、もめている男女と遭遇する。

別れ話を切り出した男性・上条は、通りすがりの七瀬を「新しい彼女」だと発言。

巻き込まれてむっとする七瀬だが、上条は七瀬に興味を抱く。

数日後、特別室に入院する患者が七瀬を指名。

その人物は上条だった。

上条は病院に多額の寄付をしている会社社長の息子で、担当医となった天堂(佐藤健)を挑発する。

以上が、恋はつづくよどこまでも あらすじ 7話の紹介でした。

恋はつづくよどこまでもの放送は、TBS系にて 毎週火曜 22:00~22:57 です。

上白石萌音さんと佐藤健さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"恋はつづくよどこまでも あらすじ 7話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: