行列の女神 あらすじ 5話

行列の女神 あらすじ 5話

鈴木京香が“ラーメンのカリスマ”に!

「行列の女神~らーめん才遊記~」

物語は、苦境にあえぐラーメン店を救う女性職人の物語。

5月18日(月)は、5話目の放送となります。

ドラマの原作は、2009年から14年まで「ビッグコミックスペリオール」で連載されたラーメンを題材としたコミック「らーめん才遊記」

(クリックすると商品紹介のページに行けます。)


最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

行列の女神 あらすじ 5話は、下記の内容となります。

ラーメン評論家・有栖(石塚英彦)が長年通う中華食堂が店を畳もうとしていた。

高齢の店主夫妻・大平(螢雪次朗)と芳江(茅島成美)に後継者がいないからだ。

店を失いたくない有栖は夫妻を説得し、「清流企画」に後継者探しを依頼。

芹沢(鈴木京香)は社員全員に、各自の人脈で候補者を探すコンペを提案する。

ゆとり(黒島結菜)も参加を命じられるが、人脈がないため苦戦する。

以上が、行列の女神 あらすじ 5話の紹介でした。

ドラマBiz「行列の女神~らーめん才遊記~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

鈴木京香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"行列の女神 あらすじ 5話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: