行列の女神 あらすじ 6話

行列の女神 あらすじ 6話

鈴木京香が“ラーメンのカリスマ”に!

「行列の女神~らーめん才遊記~」

物語は、苦境にあえぐラーメン店を救う女性職人の物語。

5月25日(月)は、6話目の放送となります。

ドラマの原作は、2009年から14年まで「ビッグコミックスペリオール」で連載されたラーメンを題材としたコミック「らーめん才遊記」

(クリックすると商品紹介のページに行けます。)


最新のあらすじが、公開されました。

放送前にチェックして、ドラマをよりお楽しみください。

行列の女神 あらすじ 6話は、下記の内容となります。

店の手伝いを許され、浮かれるゆとり(黒島結菜)。

一方、白坂(小関裕太)は担当店の新メニュー開発でトラブルが。

流行に乗ろうとする白坂に依頼主が納得しないようだ。

そんな中、業界最大手チェーンを経営する蒲生(マギー)が芹沢(鈴木京香)の「清流企画」に新メニュー開発を依頼する。

2社で争う形式で、相手は「味惑コーポレーション」の倫子(松井玲奈)だという。

以上が、行列の女神 あらすじ 6話の紹介でした。

ドラマBiz「行列の女神~らーめん才遊記~」の放送は、テレビ東京系にて 毎週月曜 22:00~22:54 です。

鈴木京香さん ファンの方は、お見逃しなく!!

"行列の女神 あらすじ 6話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: